top画像左
top右

失敗しない転職サイトの利用法

転職支援サイトはエントリーするだけではモチベーションは上がりません。転職支援サイトにエントリーしてモチベーションを上手に維持する方法を紹介しています。

短時間で様々な情報収集が可能なウェブサイト

インターネット上に公開されている転職情報サイトを賢く利用すれば、 わずかな時間で様々な情報を入手することも可能です。 転職情報のIT化が浸透するまでは、 転職情報誌などの紙ベースの求人情報が求人を探す主な手段の一つでした。

最近では様々な転職情報サイトが存在しています。 もちろん様々な企業の求人の掲載だけでなく、 無料の転職支援サービスなどの付加価値をつけるサービスもたくさん存在するようになってきました。

これについては、当サイト「転職活動の失敗から転職成功へ」内でも 無料の転職サービスや、 転職活動で活用したいサイトの項目で少し詳しく解説させて頂いています。

インターネットで行う転職活動の注意点

ウェブサイトで求人を探す場合に限らず、 転職活動が長引く場合の困った問題は幾つか存在します。 転職活動が長期に渡る人は実感しているかもしれませんが、モチベーションの維持が難しいのです。

便利すぎるが故の不具合

ただでさえ維持する事が難しいモチベーションですが、 インターネット上で求人を探す場合はあまりにも便利すぎて逆にモチベーションを下げてしまう事もあるのです。

「内定が取れても行かないような条件の求人」に実際に面接に出かけてみる、という様な行動をする気分が起こりにくくなるのです。 面接に行って肌で会社の雰囲気を感じ取る。と言う事はモチベーションを維持したり新しい視野を広げる重要な要素の一つなのです。

転職情報サイトは求人の情報が豊富すぎて、 逆にそういった行動を伴うめんどくさいプロセスを踏む気持ちを失わせる可能性も高いのです。 だからこそ、 そういったデメリットも十分考慮に入れて転職サイトを利用する気持ちを忘れてはいけません。

エントリーして求人情報を眺める事は転職活動ではありません

転職情報サイトは無料でエントリーできます。 無料会員登録すればさまざな情報を提供してくれますが、それはあくまできっかけに過ぎません。

転職サービスによってはしきりにブラックな企業を特集したり、 カウンセリングの担当が熱意が感じられなかったりする話はよくある話です。 しかし、実際に行動を起こしている人が発する意見と、 何もしていない人が発する意見では大きな違いや発見が違う可能性も高いのです。

言いたい事は一つです。まずは真剣に準備をして、行動を起こしてみる事が重要なのです。 転職活動は自分自身が考えて、自分自身が行動しなければ、成功に近づく事はできないのです。

行動が伴って初めて転職活動です

転職支援サイトの多くは無料のカウンセリングやセミナーが用意されています。 ウェブサイトで求人を閲覧してそれで終わり、と言うのではおざなりと言えるでしょう。

本来、実際の面接に持参するぐらい真剣に作成した履歴書やエントリーシートや職務経歴書を持参して熱意をぶつけるぐらいの勢いが欲しいものです。 人は身銭を切って行う行動には真剣みが入りますが、無料となると一気に適当になりがちです。

順序を間違えない転職活動

ウェブサイトなどで情報を収集する事は時間と労力の軽減の為の大きな武器になります。 しかし、情報を収集する事が目的ではなく、行動する為の手段という事を忘れたくないものです。

行動してみてその後の判断で有益だったかどうか考えればいいのです。 まずは行動してみて一歩進んだ転職活動を目指してみてください。


スポンサードリンク