top画像左
top右

転職支援サービス利用の第一歩

ブラックな業界から異業種へいくためには転職支援サービスなどを活用して行動することがベターです。ブラックな業界から脱出するための転職支援サービスの活用方法の第一歩などを紹介しています。

ブラックな業界から脱出するなら行動が必要

企業の大小に関わらず業界全体がブラックな傾向になっているということもあります。そういった場合の転職では同業他社へ行くということは得策ではないことがしばしばあります。

例えば、夢と希望を持った情熱あふれる若者達がつねに集まる「ア●メ業界」などが代表的で多くの人が知るところです。

薄給で長時間労働、休日が極端に少なかったりすることも珍しくないです。

こういった場合には「その現状を改善しよう」と意識した瞬間から行動していく必要があると言えます。

とにかくその業界から脱出したいと心底思うのならまず行動

ブラックな業界から全く別の業界に転職を試みるなら情報収集が必要です。

今までの自分のスキルやキャリアがなるべく活かされる業界へ転職を試みるのが成功率も高くなりますし、転職後の仕事への対応も違ってくるでしょう。

転職に関して効率よく業界の情報を収集するならば転職支援サービスを利用する方法が王道です。

ほとんどが無料で利用できるようになっていますので、求職者だけでなく転職を考えて現職で働いている人も利用したいです。


転職支援サービスを利用する第一歩

インターネット上で提供されている転職支援サービスには「登録型」と「スカウト型」の2つあります。

この2つの違いを理解することが自分にあったサービスを選ぶ第一歩でしょう。

今回はスカウト型についてのお話です。

転職支援サービスのもう1つの「スカウト型」は、前もって求人サイト上から、前もって自分の職務経歴や履歴書のほか、希望する職種や待遇内容などを登録しておきます。

そしてこの登録情報を見た企業の人事担当者からのアプローチを待つスタイルです。

インターネット上の「ヘッドハンティング」のようなもので、人事担当者の目に止まるように、履歴書・経歴書・自己PR分をしっかりと作成することが必要になってきます。

ある程度、目指す業界の経験を積んできている人やとにかくやりたいことがはっきりとしている場合はこのインターネット上で提供されている転職支援サービスのスカウト型を利用するとチャンスが広がるかも知れませんね。

知人が転職支援サービスを利用した際の体験談

小売業で働いていた知人が転職支援サービスを利用した際の体験談を聞いたことがあります。

知人の転職活動の目的は小売業界から他の違った業界へ移ることでした。小売業界がイヤで小売業界からの脱出を目指して転職活動をしたのです。

結果としては中規模の製造メーカーに転職がきまったのですが、これがなかなかうまくいかなかったらしいです。

小売業界での経験は扱う商品にもよりますがあまり異業種の人の評価は高くないらしいのです。

店長クラスになってもそこそこの評価で、バイヤーとかブロックマネージャークラスになってようやく評価されるレベルであることも多いというのです。

で、何社も異業種に応募してうまくいかず、仕方なしに結局また小売業界の会社に転職するというパターンになってしまいそうになったといっていました。

最終的には強い熱意(何が何でもその業界以外の会社に転職する)と確固たる目的が大きな支えになったそうです。


ブラックな業界からの転職は準備も重要

とにかくその業界から脱出したいと心底思うのなら履歴書、職務経歴書、 行きたい業界の下調べは超重要であると思います。

嫌な事に優先順位をつけてコレだけははずせないポイントを持つことは重要です。

その為には転職支援サービスは出来る限り積極的に利用したいです。

働き甲斐、働きやすさ、充実感などを重視してガッツで生きていくのもひとつの道ですし、とにかく給料の金額を重視するのもひとつの選択肢です。

皆さんも上手な転職支援サービスの活用や情報収集、積極的な行動力で「転職に成功した。」「転職してよかった。」といえる就職先を見つけられると良いですね。


スポンサードリンク