top画像左
top右

ハローワークを利用する

ハローワーク・ハロワを賢く利用する方法を紹介しています。しかしそれ以上に、ハローワーク・ハロワを利用する前の心構えや準備ができていない人も多いのが実情です。

ハローワークを十分活用していますか?

転職活動を行うためには退職状態を正式に認めてもらわなければなりません。 つまり誰しもハローワークには誰しも足を運ぶのです。

ハローワークは「公共職業安定所」の事で、愛称がハローワークです。 若い年代の求職者の方は聞き慣れているかもしれません。しかし少し年齢の高い人ならば、 ハローワークという言葉よりも「職安」という言葉の方がなじみが深いかもしれません。

ハローワークは厚生労働省が設置する行政機関で、公的な機関になりもちろん利用は無料です。 転職活動の際にも担当の係員を味方につければ応募の際などに力になってくれます。

最近では求人の閲覧などでもパソコンのデータベースを画面上で見ることができます。 インターネットからの求人閲覧も可能で、転職活動の時間に制限がある人でも利用しやすくなっています。 何よりも無料なので積極的に使いましょう。

まずはじっくり情報収集

会社を退職したばかりの人や、これから退職を予定している人は、 今後の失業保険の手続きなどの情報も収集しておいて損はありません。 いろいろ便利なサイトがウェブ上に存在しますが、 公的なサイトが一番情報的にも最新で信頼性が高いのです。

ハロワを利用しよう

ハローワークインターネットサービスで検索すればすぐにみつかります。 最寄のハロワは、厚生労働省:全国ハローワークの所在案内で検索すればOKです。

さらに仕事を探す場合は、トップページの「しごと情報ネット」をクリックして、 民間・ハローワークの 求人情報検索ができます。 あとは自分自身が探している求人情報の条件を入力して検索ボタンを押すと求人が閲覧できるシステムになっています。

固定概念で損しない為に

「ハロワ」にいくのなんてダサい。と考えている人は間違いです。 確かに地域的な格差は大きいかもしれませんが、利用する年齢層は幅広く担当者によってはかなり親身に相談に乗ってくれたりします。

地域的、と言うよりか担当者レベルでお役所仕事を徹底している人もいるようですが、 それも大組織ゆえに仕方が無いと言えそうです。

ともかく、 ハローワークから仕事を紹介してもらい再就職に成功するメリットもたくさんあることも事実です。 思いつくだけでも、再就職手当ての制限が若干ゆるくなる場合がある。 紹介企業に入社した際の条件面でのトラブルなどの対応に力となってくれる場合がある。 などとメリットもあります。

個人的にも求人の応募などの際には色々と窓口の方にはお世話になりました。 今考えれば、やる気のある応募者なんてそうそうはいません。 だから、こちらがやる気を見せれば窓口の方にも伝わって「何とか力になってあげたい」という事で積極的な協力が得られたのかもしれません。

行動することをためらっている人に良い条件はめぐって来ません

ハローワークで求人の申し込みをした人は分かると思うのですが、 たくさんの人が込み合っている中で機械の順番待ち番号札発行機に手を伸ばす事はなかなかためらわれます。 しかし、 それぐらいの状況で行動をためらうようならば今後の面接などでも見込みは低くなると言えるでしょう。

指示待ちの気持ち、周りの状況を見てそれにあわせる行動、などを取っている時点でアウトです。 転職活動は「自分自身が行動しないと何も始まらない」のです。

お宝求人と呼ばれるような条件の企業に転職できている人は、 例外なく積極的に行動が出来ているのです。 その為には自分に自信を持つ為の準備と、心構えを少しずつでも養う事が重要です。

リスクの無い機関をもっと活用する

ハローワークは当然無料で利用できます。 時間と交通費などの費用を抜きにすれば積極的に活用する事にデメリットは存在しません。

ただし、人によってはあの独特の雰囲気を感じると気分がかえって落ち込むという人もいるようです。 そういった場合を除いてはやはり前向きに活用したい機関のひとつと言えます。


スポンサードリンク