top画像左
top右

賢い求人の探し方

転職活動で失敗しない為には求人の探し方や情報の収集の方法などから考える必要があります。転職活動で失敗してしまった人や苦しんでいる人は賢い求人の探し方のヒントや考え方を参考にしてみて下さい。

賢い求人の探し方を考える為のコンテンツ一覧▼

当サイトのコンテンツ一覧です。参考にしてみて下さい。

意外と使える転職情報源
2ちゃんねるの転職板などのスレッドではかなりきわどい転職に関する情報が飛び交っています。

失敗しない転職サイトの利用法
インターネット上で求人を探す場合に、逆にモチベーションを下げてしまう事例とは?

ハローワークを利用する
無料で公的な機関を上手に利用して転職活動の成功に結びつける考え方とは?


求人情報をみる前の業界知識

営業志望でない人が営業職をメインとしている転職情報誌を読んでも目的の企業は見つからない可能性が高いです。 まずは自分自身で転職についての情報を収集してみましょう。

最近ではインターネット利用した求人情報配信サービスなどもあります。 まずは無料でできる事から始める事が転職活動の第一歩です。

まずはブラックな企業やDQNが多い業界などの知識を徹底的に調べてもいいかもしれません。 こういった転職活動での業界裏情報を収集すれば下に記載した様な事が分かってきます。

業界によって離職率が激しく違う
一緒に働く同僚に苦しめられる様な業界が存在する
経営者の実態が見えたりする
想定していた業界像の現実的な部分が見えたりする

多くの求人情報に目を通すことによって現状の業界の状況や人の流れ人気の業界などがある程度見えてきます。 さらに、業界の裏情報まで突っ込んで調べると意外に知らなかった事が見えてきたりする事もあります。

後悔しない転職を目指すなら、求める業界の相場や状況を知っておきましょう。 その為には条件の良し悪しが自分で判断できるくらいの情報網と知識を身に付けておきたいものです。

賢く転職情報サイトを利用する

失業中はどうしても外出の回数や人に会う回数が少なくなり気分的に落ち込みやすくなります。 そんなときは近くのハローワークに出かけてみたり、転職フェアなどに行って見るのもいいと思います。

自分と同じように職を探している人を見るだけでも、 転職活動でありがちな気分の落ち込みを軽減したり気が紛れることもあります。 何よりも一日中、家にこもってパジャマ姿やジャージ姿で過ごすことに慣れてしまった場合などにも変化や刺激を感じるきっかけになります。

転職では生きた情報は貴重

転職しようと思っている業界について知るにはその業界で働いている人に話を聞くことです。 実際にその業界で働いている人しか知らない情報や仕事内容を知ることが出来るからです。 業界研究して調べたイメージを内部からの情報をすりあわして情報の精度と知識を増やすことが出来るからです。


スポンサードリンク