top画像左
top右

意外と使える転職情報源

転職活動では業界の情報収集は誰もが行う作業です。その中でも、転職活動で意外と知られていない業界の情報を収集する手段が存在します。その手段とは?

なぜ業界の裏情報が必要か

苦しい転職活動をくぐり抜けやっとの思いで次の会社に入社して、 そこで初めて業界の真の姿を見て愕然としても手遅れです。

どのような業界に進むとしても、業界についての裏知識や裏情報を持つ事は非常に重要です。 接待漬けの仕事が待っている業界や、辛気臭い営業をしなければならない業界などもあります。

業界の情報を集めた知識は自己アピールや、志望動機などにも活かせます。 業界によっては離職率の異常に高い事もあります。 イメージ先行で業界を選んで転職してしまえば辛い日々が待っていることもあります。

できれば無料で使える、 役に立つ転職情報収集のためのサイトなどや情報収集の手段などを知って置いて損はないでしょう。

色々な業界に知り合いはいますか?

転職で目ぼしい業界を見つけたときの情報収集として、 一番有効な方法の一つがその業界で働いている人の話を聞くことです。 それも一つの会社だけではなく、会社の規模も違う方が参考になる度合いは高いでしょう。

しかし現実的にはすべての人がその様な 「自分が転職したい業界に知り合いがいる」とは限りません。 むしろほとんどの人がそれぞれの業界については未知の部分である場合がほとんどでしょう。 とは言っても「分からないからしょうがない」では済まされません。

取引先の会社に転職した。などと言う人もいるかもしれませんがこれは少数派です こういった場合には、転職の際の情報は十分収集できる場合が多いようです。 その場合は円満退職できると言う事が前提かもしれませんが、 転職の際の業界の情報収集という点では間違いではないかもしれません。

2ちゃんねるは情報の鮮度リアルさ面白さは抜群

現実的な転職情報収集は2ちゃんねるなどが業界の裏事情を知る手段の一つになります。 もちろん匿名で無責任な情報も多い事も事実ですが、 まるっきり信用できない情報ばかりではありません。

管理人もずいぶん2ちゃんねるの情報から各業界の情報を勉強させてもらったものです。 裏事情も鵜呑みには出来ませんが結構リアルな情報も多く、 転職する際の業界情報収集の手段の一つとして知っておいて損はないでしょう。

転職関連ならば 2ちゃんねる 勢いランキングで、 「転職」と入力すれば関連スレッドを見ることができます。なんだそれという人は「百聞は一見にしかず」です。

業界の勢力図や競合会社などを調べる便利なサイト

行きたい会社や業界を調べたら次にその業界はどのような規模でどんな会社が競合しあっているのか? という事も調べたいものです。

そんな時は上場企業情報 Kmonos(クモノス)で、 調べる事ができます。 上場企業だけの情報に限られますが、 中小企業に転職する場合もほとんど全ての会社が上場企業と直接的、間接的に取引があるものです。

そういった情報を収集しておく事で、 自己アピールに関連した知識の披露が出来たりポイントアップの材料になる可能性もあります。

まずはいつでも行動できる準備を

転職活動で今ひとつ行動に身が入らない人は、 いつでも「面接なり」、「求人応募なり」の即行動の準備ができていない人が多いです。 まずは自己分析を徹底して、履歴書や職務経歴書の作成を急ぐ事が先決です。

面接持参書類は最低3セットは常時必要

自己分析が完全に出来て、面接の練習もして、スーツなども準備が出来たら、 求人の応募の際に必要な書類をいつでも提出できる体制を取っておきましょう。

特に履歴書を手書きで作成している場合は、 最低でも3セットは書きためて準備している事が理想です。 求人の応募が決まってから慌てて作成すれば間違いも犯しやすく、 粗雑な履歴書になってしまう可能性が高いからです。

「いつに面接できますか?」⇒「すぐにでもかまいません。」

という返事は何となくやる気が伺えて前向きさをアピールできるチャンスにもなります。 その為には、お宝求人発見=瞬時に応募、というプロセスが実行できる準備を、 普段から行っていなければならないのです。


スポンサードリンク