top画像左
top右

世間の転職活動の現状

転職して入社した先がブラック企業で、結果的に転職失敗という経験の人も。転職してブラック企業へ入社して転職失敗したくないという人も参考になる情報を紹介しています。

厳しい現実と働く環境

仕事を私生活の中でどのように位置づけるか?というのは人によって違います。 もちろん、 人それぞれ仕事に対してもとめるモノが違っているので私生活と仕事の配分も違ってきて当然です。

これまでの時代では、終身雇用が守られてきており「社会的貢献度」「会社内での存在価値」 などがそれ程高くなくても終身の雇用は確保できる人がほとんどでした。

一般的に申し上げると、「俺はうだつのあがらないサラリーマンで安月給」的な考えでも雇用が存在したのです。 しかし、これからの時代は生き残る意思が無ければ、 終身の雇用どころか働き口もなかなか見つからないのです。

この厳しい雇用環境で生き残る為には冒頭で挙げた「仕事を私生活の中でどのように位置づけるか?」 という事を今一度考えなければならないのです。

あなたの転職活動で求めるものはなにか?

転職して給料を上げようと考えている人はそれなりのスキルや知識などが必要とされる職を選ぶでしょう。 転職してまともに休みを取れる会社に入社したいと考えている人ならば、 福利厚生がしっかりした会社を探したいものです。

しかし、これらはあくまで理想論であり現実離れした考え方です。 現状の「職探しの状況」とは、 一部の人を除いて妥協と我慢できるレベルの水準の引き下げとの闘いなのです。 つまり、完全に理想の条件の職だけを探していては満足に職にも就けない状況なのです。

職探しはまず自分自身を見つめる事

転職活動に限らず、 就職活動は自分自身の中で「これだけは許せない条件」というものがなければならないのです。

雇用形態が変わり格差が広がってその先には

単純作業や経験・知識などを必要としない仕事内容では正規社員として需要は激減しています。 雇用形態がここ数年で変化し、俗にいう「勝ち組・負け組み」という格差が発生しました。

運良くどこかの会社に入社しても、 業績が悪化すればすぐにリストラの憂き目に遭う可能性もあります。 その場限りの転職ではなく、 可能な限り自分自身が学ぶ姿勢を続けられる様な職探しが出来れば転職の失敗を取り戻す事も可能です。

たくさん努力して経験を積んで運悪くリストラの対象となっても、 努力した姿勢とそこから学んだ知識は必ず今後に活かせるものです。 まずは何事にも前向きに進みたいものです。

努力ではどうにもならないブラックな壁

ほかの章でも何回かふれましたが、 世の中自分の常識の範囲をはるかに逸脱した会社も存在します。 まともな会社で安泰に生活している人には想像を絶する事かもしれませんが、 常識では測れない会社も存在します。それがブラック企業です。 言葉の由来は正確には知りませんが、恐らく文字通り暗黒の企業という意味でしょう。

恐ろしく無意味な仕事(営業などの練習)をさせられる。
無理難題なノルマを課せられる。
完全に経営者が会社を私物化している。
創業一族のみが甘い汁を吸う体制が強固に確立されている。

例を挙げたらキリがありませんが、 「就職に失敗した」、「転職に失敗した」 人の多くがこういったブラック企業に関わってしまっているという現実も知っておいて損はないでしょう。

現在の転職活動の状況は、 一部の超有用な資格保持者(士業などの資格)や特殊な経験を積んでいる人以外は買い手市場です。 つまり、選ぶ側の企業に選択権が大きく偏っている状況です。

だから、入社の容易なブラック企業と分かっていても入社する人も多いです。 ある程度はブラックでも我慢して働きながら、中長期戦略の中でより良い雇用条件の転職先を探す人も多いのです。

スポンサードリンク