top画像左
top右

仕事選びの理想と現実

転職活動で業界情報の収集を怠れば後悔する原因になる事があります。転職活動で業界情報を知らず転職してしまって後悔した話とは?

人間関係に疲れたからアットホームな会社へ転職?

人間関係というのは三人以上の人が集まれば必ず発生します。 会社というのは「利益を求める人間が仕事をする」という集団です。 当然そりの合わない人もいてもおかしくありません。

世間一般でいわれる大企業という巨大組織に在職している人は部署やセクションが違えば顔もロクに知らない、もちろん名前も知らない。 という微妙な人間関係があったりします。

意思疎通の困難な上司やそりの合わない同僚達の関係に疲れてアットホームなこじんまりとした会社に転職しようかな。 なんて考えると痛い目にあうこともあります。

会社の規模が小さくなればなるほど人間関係はきつくなる傾向が高い

一般的に会社の経営者は従業員の事よりも会社の利益を重視したいものです。 もちろん本当に従業員を大切にしている会社もありますが、それはごく少数でしょう。

会社の規模が小さくなれば、まずこの「経営者との接点」から逃れる事は出来なくなります。 大企業の経営者になればなるほど、「自分の会社」という意識は薄くなる傾向があります。

逆に、中小・零細企業になればモロに「自分の会社」という意識が強くなるものです。 下手をすれば会社を私物化している場合もあり、 その様な経営者との接点が増えることが逆に負担になる可能性が高くなるのです。

アットホームな会社の逃げ場のない悲劇

規模の小さな会社では会社以外の催しなども頻繁に行われることもあります。春はバーベキュー。夏はキャンプ。冬はスキー。

しかし、その面子の中に嫌な人間がいたりしたらどうでしょう。 もちろんその場合は逃げ場はありません。 さらに、休日の付き合いを半ば強制的に義務付けられ、 プライベートでゆっくりする事もできなくなる可能性もあります。

「休日に会社の人間と過ごす気にはなれない。」という人はアットホームな会社は逆に苦痛に感じる事になる可能性も考えられます。

人間関係が嫌で転職する人の成功のポイント

一般的に会社の規模が大きくなれば色々な派閥と人間関係が存在します。 その中で自分の居心地の良い部分に入り込めるように努力すればなんとかなる可能性が高いです。

つまり、個人的な考え方ですが人間関係に悩んで転職しようと考えている人、あるいは退職した人は、 最低限ある程度の規模の企業に入社する事を目指したいものです。

毎日コロコロ機嫌の変わる経営者(社長など)の顔色にあわせて仕事をするというのはなかなか苦痛なものです。 忙しい時には怒り散らす人も居ます。暇な時は不安に任せて猛烈に機嫌が悪くなる事もあります。 従業員を抱えるという事は意外と大変なのでしょう。

それでも、「俺は仕事がバリバリ出来る自信があってそんな顔色に左右される事無く仕事をする自信がある。」という人は別ですが、 そうでない人は少しでも参考にして頂ければ良いかと思います。

一番良いのはその業界に勤めている人の生の経験を聞くこと

業界の一部分を見て安易に転職先の業界を決めると入社してから厳しい現実を見せ付けられる事もあります。 「やりがい」だけでは一生食べる事はできません。

例えば接客が好きな人が小売業界に転職したとしましょう。 そこでは「クレーマー」と呼ばれる変な人達がいる事など事前に想像もつかないでしょう。 しかし、現実には自分の常識では計り知れない思考回路で行動する人もいるのです。

イメージから業界を絞り仕事を探すのもいいのですがしっかり現実にも目を向けるようにしたいものです。 もちろん人間関係に関しての事前のリサーチも然りです。

はた目には人間関係も良好な職場に見えて実は強烈な個性を放つ人間が存在したりします。 良い意味での個性ならば問題ないのですが悪い意味での個性ならば大問題です。

一つの業界で生き抜くにはやっぱり覚悟が必要?

比較的業務が激しくない業界、業種、企業など調べればたくさん存在すると断言できます。 しかし、やっぱりそういったお宝求人を引き当てるには余程の運となおかつ努力が必要と言えるでしょう。

一つの仕事でもしんどい面と、この部分はおいしい面というものが少なからず存在します。 その本質的な部分を十分理解して転職活動に活かせばおのずと転職成功への道が開ける可能性が高くなると言えます。

スポンサードリンク