top画像左
top右

世間一般の会社の待遇

会社選びの基準が前の会社だけではお粗末なことです。世間一般の人はどんな待遇で働いているのか、どんな業界が待遇がいいのかなどできる限り判断基準を標準化しましょう。

世間一般の会社の待遇を考える為のコンテンツ一覧▼

当サイトのコンテンツ一覧です。参考にしてみて下さい。

転職先の基準。年間休日の平均とは
完全週休二日制で祝日が休みというだけでも年間休日は130日ぐらいです。

転職に失敗しない業界選びとは
新卒の就職で離職率の高い就職先を選んでしまった人は要注意です。

仕事を取るか私生活を取るか
仕事のために生活するのか、生活のために仕事をするのかについて少し考えてみませんか?

世間の転職活動の現状
自分自身を守れるのは自分だけです。 転職する時の自己管理について考えてみませんか?

仕事選びの理想と現実
面接で「なかなかこの業界について勉強しているな」と思ってもらえるように頑張りましょう。


今働いている会社の待遇を知る

せっかく安泰な会社に就職してつまらない理由で退職してしまってはもったいないことです。 給料面、休日面、福利厚生、仕事内容など世間一般のことをもっと知ってからでも遅くはありません。

すでに会社を退職してしまっている人も、 今まで勤めていた会社がこれからの会社選びの基準ではすこし視野が狭いと思います。 まずは世間一般の会社の情報を収集してみましょう。

自分の常識と世間の現実の違いを調べてみる

一流企業や、そこそこの上場企業に勤めている人は知らないかも知れませんが、 世の中劣悪な労働環境で働いている人もいるのです。

週休一日、盆休み、正月休み無し、ボーナス無し、サビ残当たり前など業界や会社の業績によって様々です。 次の転職先を、今働いている会社や、 今まで働いていた会社の待遇と比較するだけでは判断基準が狭いのです。

働く環境の良い職場選び

世間一般の人の待遇や、仕事状況はどんなものか考えたことはありますか? 自分や周りの環境だけで仕事を判断していないでしょうか? 例えば、お盆や正月に休めない会社だってあるのです。 会議や出張で自分自身の時間がまったく持てない仕事もあるのです。

自分自身の興味のある職種で、 熱中して取り組める仕事ならば休みも給料も二の次の人もいるかもしれません。 給料が世間一般よりも多ければ、休みも少なくても文句のない人もいるかもしれません。

別にそういったところや状況に対して意見を持つ必要はありませんが、 視野を広める意味で知っておくほうが望ましいと思います。

抽象的・弱気になってはダメです

転職は単なる逃げの手段ではありません。 転職するための本当の目的をしっかり持つことが大切です。 本当に自分のやりたい事を探す為とか、自分自身のやりがいを満たす仕事を探す為、 とか漠然とした物では転職に成功することは難しいのです。

自分自身の譲れない条件や、自分自身の能力を少しでも活かせる仕事を探すなど、 とにかく具体的な目的を持つことが重要です。

平均の転職回数

世間の事情はどうであれ、個人の事情もありますが多くの人が転職を経験しています。 転職は安泰な企業に就職した人以外はほとんどの人が経験する事です。 男性の場合は平均2〜3社の職を転職すると言われています。

管理人も相当苦渋をなめています。 ダメな会社は本当にダメで、俗に言うブラック企業ということを身を持って知りました。 簡単に内定が出たといって喜ぶより本当にその会社が安心して働ける会社かどうか事前に情報を得ることが大切です。

転職に関する常識とは

世の中、自分の常識では考えられない会社はたくさんあります。 入社して「しまった!」と思うのではそれだけ経歴が増えることになりかねません。

離職率の高い業界、定着率の悪い仕事など情報はできる限り入手しておきましょう。 転職に失敗してもそれが終わりではありません。 自分自身が望む、第一の譲れない条件を満たす職場が見つかることが転職活動のゴールです。 新しい転職先が見つかることがゴールではないのです。

世間一般の平均の所得

厚生労働省の調査によると「平成18年調査」の所得では平成17年の全世帯の1世帯当たり平均所得金額は 約560万円です。 これでも前年と比較すると2.9%の減少です。

また、高齢者世帯の1世帯当たり平均所得金額は301万9千円、 児童のいる世帯の1世帯当たり平均所得金額は 718万円といずれも前年より増加している状態です。

所得金額階級別世帯数の分布をみると、「100〜200万円未満」が 約13%、「300〜400万円未満」も約13%です。 つまり全体で年収が400万円未満の世帯は26%なのです。 さらにもっというと所得金額が世帯全体の平均額(約560万円)より低い世帯の割合は約60%にものぼるのです。

転職する本当の理由を考える

転職の目的は志望動機などの人に納得してもらう理由でなくてもいいのです。 給料がもっと欲しい。年間休日がもっとあるほうがいい。通勤に便利な会社がいい。 など、人によってはその理由は様々です。

肝心なことは転職の本当の目的は本音として持っておいて、 人に話して納得してもらえそうにないなら別の理由を志望動機などにするのです。 あくまで乱暴な言い方ですが、本音と建前をうまく使い分けるのです。

スポンサードリンク