top画像左
top右

転職活動の失敗から転職成功へtop

転職活動の失敗から転職成功へ

転職活動は失敗してはならないものです。しかし一度の転職で成功できる人は意外と少ないのが現状です。転職に失敗しても就職の意欲を捨てずに転職の成功に結びつけましょう。

転職するのは負け組みか?

転職回数が多くなると負け組みなんて考え方では転職は成功できません。 確かな情報と有益な情報を収集することが転職成功の王道です。 自己分析と面接のための特訓をすれば自分の理想の会社に就職することも可能です。

このサイトでは転職情報を自分自身を見つめる方法や自分自身の考え方の発見などから見ていこうという思いを込めて作成しています。

こんな事考えた経験はありませんか?

たくさん色々な求人情報を見てもいまいちピンとこない
自分自身が何を求めているのか迷っている
どんな仕事が自分に向いているのか悩んでいる
働く意味が分からないしつらい事しか思いつかない

転職活動はうまくいかないことが多く、出口の見えないトンネルを進む気分です。 特に初めて転職活動を行っている人は要領も分からず精神的にも苦戦するものです。 転職活動に行き詰った人も、ヘコんでしまった人もヒントを探してみてください。

あなたの転職の目的は何ですか

転職する理由は人それぞれです。 金銭的な問題・人間関係・家庭関連の個人的な問題など、人によって会社を辞めるという選択肢を選ぶまでのプロセスや要因は違います。

「転職の目的は?」という問いには考え込んでしまう人が結構います。 しかし、「前の会社を辞めた理由は?」、あるいは「現在の会社を辞める理由は?」 という問いにはスラスラと答えが出てくる人が意外と多いのです。

自分が不満に思う事が転職する事でしか解消されないと思ったから転職をするのです。 または、個人的な問題や人間関係などの状況が転職する事でしか変わらないと考えるから転職するのです。

「転職の目的」は生活環境や仕事環境を新たに選択しなおす作業であり前職を辞めた理由を改善しなければ意味がないのです。

転職活動をする前にまずは自分自身を知ることから

なぜわざわざ「まずは自分自身を知ること」 などと記載しているのか疑問に思う人もいるかもしれません。 しかし、自分自身がどのような仕事がしたくて、 どのような職種を探しているのかさえ分からない人も多いのです。

自己分析が出来ていない状態で、 なおかつ目的の分からないまま行動していたのではいつまで経っても転職活動は失敗の繰り返しです。 根本的なもの。つまり、自分自身が確固たる「求める要素」がなければ転職活動はうまくいきません。

例え運良く就職できたとしても「こんなはずではなかった。」 という気持ちがわいてくる事にもなりかねません。 「転職に成功する」という事はこの会社で働けて本当に良かったと、 後でしみじみ思うような気持ちになる事です。 そしてその要素は人によって違っていて当たり前なのです。


「転職失敗から転職成功へ」コンテンツ一覧

世間一般の会社の待遇とは

新卒の就職活動ですでに失敗してしまった人は身をもってダメな業界を知ったハズです。 しかし、最初の会社が、後で考えれば結構優良な会社だったのにという人は、 次の就職先はかなりギャップに苦しむことになります。

世間一般の会社の待遇

転職成功への自己分析

自分自身の事を上手に相手に伝えるには、まず自己分析から始めなければなりません。 自己分析は、どんな業界やどんな職種が自分に向いているか発見することにもつながります。

転職成功への自己分析

転職成功のための求人の探し方

漠然と求人情報をながめたり、転職支援サイトに登録して安心していてはダメです。 良い条件、自分にあった就職先を見つけている人は皆、 独自の行動を自ら進んで行なっている場合が多いのです。

賢い求人の探し方

転職活動の応募面接の注意点

条件の良い職場は人気が集まり競争率が高くなります。 そんな時に、あなたが選ばれるように良いイメージ作りが重要です。最低限、社会人としてのマナーを確認してください。

転職活動の応募面接に関して


転職は本当の自分探しでもある

転職するということは新しい職を探すことです。 しかし新しい職を探す前に本当の自分自身を知らねばなりません。

転職活動の心構えと決心

「会社を辞めよう。」、「この会社では働けない。」そう思った時から転職活動は始まります。生きていくために給料をもらわなければなりません。

「やりがいはないが我慢して続ける。」「色んな障害があるがこの会社にしがみついて生き残る。」そんな決意が揺らいだ時にあわてないように準備することも賢い選択です。

誰しも好き好んで転職しようとは思いません。 仕方なしに、そうするしかないと判断したから転職するのです。 新しい職に着く前には、当然今の職を退職しなければならないです。

たとえ円満退職できたとしても次の職場でうまくいく保障はどこにもないのです。 ましてや円満退職できない状況ならなおさら心に負い目やキズを負うことだってありえるのです。

当サイトでは無料で転職活動に役立つ『 本物の情報 』を提供させて頂いているつもりです。 少しでも当サイトをご利用される方のお役に立てれば幸いと思っております。

スポンサードリンク