top画像左
top右

転職活動の応募面接に関して

転職活動で面接に関しては避けて通れない関門です。ここでは転職活動の応募面接に関して避けて通れない関門対策の役に立つヒントを紹介しています。

転職活動の応募面接に関してを考える為のコンテンツ一覧▼

当サイトのコンテンツ一覧です。参考にしてみて下さい。

成功する履歴書の書き方
まずは足元を固めることから始めてみましょう。

負けない職務経歴書の書き方
書類選考で希望の会社から良い返事が聞けない人は決定的なミスがある可能性が高いです。

退職理由について考える
面接官も納得して内定を出せる退職理由とは。転職成功の為の退職理由を考えてみませんか?

自分だけの志望動機で差を付ける
自分だけの志望動機を練りこんで、 競争率の高い求人で勝ち残りましょう。

内定を受ける為の面接準備
面接でいくら意気込んでもその前に致命的なエラーを残していては内定を勝ち取る事は出来ません。

面接突破の為の練習法
面接は発表会の場所ではありません。面接で勝ち残るヒントを探してみて下さい。


履歴書、経歴書は自分の武器

面接官が一番知りたい事とは何か考えた事がありますか? 結論から言いますと、面接官が一番知りたい事はあなたが会社できちんと働けるかどうかです。

だから面接では、あなた自身の事を知りたくて面接官は色々と質問をするのです。 つまりあなたは、「どのような考え方で仕事をしてきて、これから仕事を通じてどうしたいのか」という事を表現する事が重要なのです。 その為の武器が履歴書であり経歴書です。

面接で勝ち残るためには

面接ではいくつも質問されますが、大切なのは「自分が何ができるか」と「今まで何をしてきたのか」を上手に表現することです。

つまり、自己紹介と志望動機がきちんと練りこまれていなければ、面接官も安心して「採用」の通知を出せないのです。

履歴書と職務経歴書は自分自身を売り込む為の最大の武器です。 特に転職活動の場合は最終経歴も重要視されるので手を抜かず作成したいものです。

面接は事前の準備が超重要

面接は「面接が始まるずっと前から勝負はついている」と思って下さい。 なぜなら、ほとんどの会社は面接をする前からある程度候補者を絞り込んでいるのです。 その為に多くの会社が「書類選考」と称して事前に応募者を選考しているのです。

そしてある程度見込みをつけて面接するのです。 ここでしっかり事前に良いイメージをつける事ができればすんなりと採用通知がゲットできる可能性も高いのです。 苦労して見つけたお宝求人や希望の会社の面接を突破して転職を成功させましょう。

フットワーク良く転職活動をする為の準備

面接は基本的には知らない人に自分自身の事を売り込む為のプレゼンテーションの場です。 なれていないと、どうしてもあがったり緊張してうまく話ができないこともあります。

しかしある程度は事前の訓練や練習で克服できます。 当サイトで紹介する練習方法でどんな求人でもしり込みしない自信と準備を行ってください。

電話を握りながら散々迷った末に応募の連絡をしたら求人の受付が終了していた、という事も実は良くあることなのです。

スポンサードリンク