top画像左
top右

転職時の一般常識は勉強が必要か?

中途採用で転職活動を行う場合の一般常識についてあれこれを記載しています。中途採用の転職を検討している場合で一般常識についてモヤモヤしている人は参考にしてみてください。

宇宙的な発想では転職に成功できないです

ほとんどの会社は、採用試験に一般常識試験があり、応募者の知識の程度を見定めます。 さすがに中途採用の場合にはそういった試験の類は少ないです。

これは中途採用の場合には、 仕事をする上では基本的に知っていなければならないような常識を知っているかどうかを確認する必要はないからでしょう。

つまり、そういった一般常識は「当然持ち合わせている」ということが前提で転職希望者を選考するという理由からです。

選考に当たって確認するものが一般常識試験です。

新卒の入社希望者を選考する場合には必要な試験でも、転職の場合には「そういった一般常識の試験」自体がないということです。

ただ、これは「中途採用では一般常識は必要ない」ということを意味しているわけではないです。持っていて当然、持っていることが前提というお話です。


就職活動の一般常識とは

超人気企業や大手、準大手などは恐ろしく難解な一般常識問題を出題し応募者をふるいにかけることもあるようです。何しろ殺到する応募者を効率よく選考するには、そういった段階的なハードルが不可欠です。

しかし一方で、本当に人手が不足している会社やこれからゆっくり若い世代を育てようと考えている会社などは本当の一般常識レベルの内容を問われる場合が多いようです。

では、何を知っていれば一般常識があると見なされるのでしょう。

そもそも仕事をする場合は他の人とのかかわりがつきものです。そういった周りの人たちと違和感なくやっていけるかどうかが問われるのです。

技術者の採用なら専門部分の知識が優先されます。特殊な経験がものをいう世界なら経験と実績が第一となる場合もあります。

とはいっても、やっぱり最低限の意思疎通能力や組織内での行動経験や知識は絶対に必要になってきます。

そんなことも知らないのかと思われ恥をかくような真似をしない事が重要です。社会人として生きるならば最低限知っておかなければ他の人に迷惑をかけることなどが求められるのです。


就職するための一般常識

知り合いの会社の話ですが「面接ではあなた自身の個性を活かした格好で来てください。」と求人をしたところ、ジーパンにTシャツでおまけにぞうりで面接にきたつわものがいたそうです。

しかし、その格好でもきちんと自己アピールができてやる気あふれる持参書類なら逆に効果的かもしれません。ギャップが新鮮さをアピールする武器になる可能性もあります。

「見た目はアレだけど実は中身はなかなか出来た人間」

そういった評価ならカッコいいです。そういった考え方で受け入れてくれる会社ならその人にもベストマッチしている可能性もあるかもしれません。

ただ、突飛なアピールを狙うよりも真面目で堅実にふさわしい行動と身なりと言動を心がけることが一番です。

販売職ならばおしゃれな店員さんはお店の戦力ですし、まじめさを前面に打ち出した格好もその人なりの個性なのですから変わったアピールは不要です。

ところが、そういったつわもの方々は自分の価値観を自分の世界の中だけに持っている場合が多いようです。その世界を知らない(いやむしろ理解できない)人達にとっては宇宙的な発想や発言が多いのです。

これでは一般常識があるとは判断されないかもしれません。


業界によって求められる一般常識は違う

当たり前の話ですが、会社によって業務はまったく違います。医療関係のようにひとつの失敗が大きな問題になることもあります。

冠婚葬祭関係のスタッフならば知りませんでしたすまない発言、言動なども多いと言われています。要するに中途採用でこれまでと違った業界を進みたいなら、業界のことを一通り知っておいて損はないということです。

採用担当者としては、採用する人には社内で通用する一般常識を当然のように要求したいと思っているでしょう。あるいは、志望して面接にくるぐらいなのだからそれぐらいは勉強しているだろうと思っていることもあります。

これは、自分が進む業界について深く情報を収集して興味を持って学ぶしか道はありません。頑張ってください。


スポンサードリンク