top画像左
top右

自分を知る事が転職活動の第一歩

転職活動は新卒の就職活動と違い中途採用者には即戦力としての期待がかかります。転職活動で中途採用者として即戦力としてアピールする為の自己分析と表現方法とは?

転職活動と新卒の就職活動との違い

企業や会社は中途採用者には即戦力としての期待や任せられる具体的な仕事を用意して採用に臨むことがほとんどです。 新卒の面接で「何でもやりますのでよろしくお願いします。」 といってもやる気のある奴と思ってもらえるかもしれません。

しかし、転職活動での面接でその言葉では落第点をつけられるでしょう。

要するに「何でもやりますので雇って下さい。」では中途採用の場合にはダメなのです。 その様な類の発言をする応募者には採用通知がやってくることはないでしょう。

転職活動で重要なのは、今まで何をしてきてどういった事ができるのか、を表現する事です。 これが最低限出来なければ採用に結びつけることは難しいのです。

なぜらなば経験も能力もわからない中途入社の人間を採用するよりも、 新卒の若くてスレていない新卒の人間を採用するほうが教育しやすいからです。

素直に退職理由を考えてみる

短期間の退職の場合の建前抜きの理由の例

前の会社を短い期間ですぐに辞めてしまった人も、 短い期間でその会社に見切りをつけた理由というものが必ずあるはずです。

電車を乗り継いでいくことが思ったより苦痛だった。
会社の中がDQNばかりでとてもついていけそうになく感じたから。
嫌な上司の下で働くことになったから。
実際に働いてみたら性に会わないと直感してしまったから。

転職活動で自己分析を行う第一歩は、前の会社をなぜ辞めてしまったか? あるいは辞めようと考えているのか? という理由を追求する必要があります。

思い当たることをすべて紙に書き出してみることが第一の作業です。 なぜこのような事をするのか?という理由は同じ過ちを繰り返さない事と、 自分が前の会社を辞めた理由の中から今度目指す会社の志望動機を見つける為です。

転職活動する上で一番してはいけない事は、 同じ過ちを繰り返していたずらに経歴と年齢を重ねることなのです。 まずは紙に書いた事を眺めて、何がいけなかったかを自分なりに分析して「どうすれば同じ過ちを繰り返さないか」を考えましょう。

失敗しない転職活動の為に

転職活動で一番多いパターンは経験を活かして自分が望む条件に近い会社に就職するだと思います。 ここで言う条件とは人によって違います。 給料や休日の場合もあるでしょうし職場の環境や場所の場合もあるのです。

では未経験の分野に転職することはどうでしょうか。 未経験の分野の企業や会社では今までの経験や知識が活かせない場合がほとんどです。 しかし、社会人を経験して「働くこと」に対する甘えや幻想はなくなっているはずですから、 未経験の分野でもやりたい事が見つかったのなら挑戦してみる価値はあると思います。

経験を単なる過去の話で終わらせない

履歴書に書ける資格もなく、 取り留めて人に話せる経験が無いと考えている人もいるかもしれません。 しかし、そこで何を学んで今後その経験をどう活かすか? という事がきちんと分析できればそれは誰にも真似できない武器になるのです。

小売業の経験を積んできた人ならば「消費者クレーム」をそつなくこなしてきた経験や、 感謝された経験を上手にからめて話をすれば良い訳です。

パチンコ機器の営業をしてきた人ならば、ホールの責任者とのコミュニケーションのコツなど、 とにかく具体的に数字と成果が分かりやすく話をまとめてみるのです。

数億円の取引をしてきた人だけがすばらしい仕事をしているわけではないのです。 組織の中で、きちんと責任を果たした行動と問題解決の行動が出来ていればそれは貴重な「自分自身の武器」なのです。 しかも、きちんとそれらを表現できる事で自己分析できている人間という武器が手に入るのです。

自分を知る事は転職の第一歩

転職活動で失敗してしまった人はなぜまた退職してしまったか、退職しようと考えているか、 自問自答することが大切です。

自分自身が何ができるかということは、言いかえれば何を経験してきたかという事です。 自分が仕事で経験してきた事を全部書き出してみましょう。 その作業での注意点は、自分自身で勝手に判断してしまわない事が重要です。

たいしたことではないと思える経験でも、 実は他の会社ではすごい経験として扱われる事もしばしばあります。 俗に言う「自分の仕事の棚卸作業」をしてみることは転職するための第一歩です。


転職成功への自己分析関連記事

志望動機に繋がる退職間際の気持ち

スポンサードリンク