top画像左
top右

微妙に困る、違う職種へ内定

転職活動において希望していたのと違う職種の内定に対する考え方や対処などのヒントです。転職活動を行っていると希望と違う職種で内定がもらえることもあります。あなたならそういった場合にどうしますか?

微妙に困る、違う職種への誘い

転職活動が初めての人も、何回か書類を送ったり、 面接をしたりしている内に少しは慣れてきた、という人も多いのではないでしょうか?

内定を出してくれた会社があったりすると、 辞退するような会社であっても何故か「自分を認めてくれる会社もあるんだ」と元気になったりするものです。 逆に、内定を出されたら辞退しよう。と思えるような会社にお断りされて落ち込むような場合もあるはずです。

管理人の経験ですが、そこそこ小売業の経験も長く、 しかもそれなりの役職と成績を職務経歴書でかなり大げさにアピールしていたのでよく面接では「営業をやってみませんか」と言われることが多かったです。

しかし、このブログを最初から見てくれている人は知っているかも知れないですが、 管理人は営業職は絶対にやりたくない職種だったのでいつもお断りするのに大変でした。

同じ業界の異職種ならそれまで働いていた同僚の姿や仕事の大筋などが見えていて短期間でも対応できるかもしれません。

しかし、これまで働いていた仕事とまったく違う業界の違う職種となれば相当な苦労は覚悟する必要があります。

年齢的に20代や30代前半であればまだまだ柔軟な対応ができる可能性が残されていますが、 長くそれまでの仕事に携わっていた年齢になっている場合には難しいことも多いです。

それまでの経験や人脈を活かしたい考えるならばできるだけ今の職種や業界に近いほうがベストです。 あるいはもうすでに退職してしまっている人でも前職のスキルが活用できるほうが良いに決まっています。

こういった点も考えてじっくり検討して自分自身で決断を下したいです。


転職目的は人によって違う

当たり前の話ですが、転職する目的は人によって違います。 時間的なこと、場所的なこと、仕事内容的なこと、給料のこと、色々あります。

前職の職種の経験を評価されることは大いにうれしいことなのですがやりたくない部署に配属されて苦しい思いをわざわざ新しい職場でする必要はないでしょう。

内定を出してもらってよくよく聞いたら採用されたのが思いもよらない部署ならどうしますか?

もちろんそれはケースバイケースです。例えば、世間一般で言われる大企業なら話は変わってくるでしょうし、 なんとなく興味のある職種なら前向きに考えられることもあるからです。


後悔しない為に
転職で後悔しない為に、やりたくないことは「できない。」と言える強さを持ちましょう。それで採用されなくても、やりたくないことをするよりはマシだと思うのです。(あくまで個人的意見)

頑張って良い転職先を見つけてください。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク