top画像左
top右

初めての転職がつらい理由

初めての転職がつらいのにはちゃんとした根拠があります。初めての転職でつらい思いをしている人や今現在で退職を検討してしている人は参考にしてみてください。

初めての転職は暗闇のトンネルです(しかも出口が見えない)

初めて入社した会社を退職するという選択肢を選ぶ際にはつらい気持ちと不安が入り混じった感覚で日々を過ごすケースが多いです。

何故でしょう?

答えは簡単です。

会社を退職した後の段取りや手続きや行動などを経験したことがないからです。逆に考えたらわかりやすいと思います。

例えば新入社員で入社した場合には右も左もわからなかったでしょう。不安と期待が入り混じった気持ちで働き始める人が多いです。ただ、入社と退職では環境は全く異なります。

当たり前の話です。

なぜなら新入社員には研修が用意されていたり、一人前として働き始めるまで各種のサポートが存在するからです。ところがいざ退職となったら誰も何も教えてくれなくなります。

だから、初めて入社した会社を転職する際にはつらい気持ちと不安が押し寄せてくるのです。(少なくとも自分はそうでした。)

一方、幾度か転職を経験すれば会社を退職した後の行動も把握していますし、手続きなども迷うことは少なくなります。ただし、簡単に会社を辞めてしまうクセがつくことも否定できません。この点は注意すべきであるといえます。


転職してドツボにはまることもある

今の状況で自分が仕事に対して少しでも頑張れる要素があるのならできる限り頑張って見ることも一つの選択です。ましてや転職経験のない人は退職後の行動がイメージできません。安易に退職してしまうと不安で不安でたまらない日々を過ごす事にもなりかねません。

今の仕事が嫌で逃げるように退職したら、今度行った会社がもっとひどい会社だった、何てこともありうるのです。

ここ最近では、派遣労働者の業務についての問題などが取り上げられたり、違法な雇用形態によりニュースになっている派遣会社もあるようです。そんな中で、職探しは年々難しくなってきているとも言われています。

このように年々複雑になっていく就職環境の中で、効率よく自分が求める職に就く為には本当にこれだけははずせない項目を見つけ、それに該当する企業なり会社なりにを見つけることなのです。

転職することは悪いことではありません。

一般的に転職回数が多くなると希望転職先に敬遠される傾向にあります。これは、辞め癖がついてるのではないか?もしくは、嫌なことがあったらまたすぐ辞めるのではないか?などという理由からくるようです。

ほとんどの人は知らないかも知れないですが、世の中自分の常識では測れない会社はたくさんあります。職歴を増やしたくなくて必死に我慢している人だって多いのです。 会社を辞めることは悪いことではないのです。人それぞれ理由と事情と考えがあって行動するのですから。

会社で嫌なことがあってグチをこぼしてたりお酒を飲んだりしてうっぷんを晴らして乗り切れるのだったらそれはそれでいいのです。

数々の仕打ちに我慢できずに退職の道を選択する人もいるでしょう。自信のもてない仕事で身も心もボロボロに疲れきって転職を考える人もいるでしょう。

しかし、転職が始めての人はよーく考えて行動してくださいね。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク