top画像左
top右

転職してはいけない業界とは?

転職活動を進める上で自分が進む業界探しは面接の準備と同様に重要です。書類を磨き上げることと面接の準備と転職先の業界探しはすべてがうまくいくと理想の勤め先がみつかる可能性も高まります。

同じ職種でも業界によって内容が違う

「営業職」と一言でいっても飛び込みばかりの業務内容と固定先をまわるルート営業では業務のハードさが全く違います。

また、「物流」という言葉で一言で言っても管理がメインの業務内容と実際の出荷や荷受などの荷さばきがメインの業務では体力面での負荷が違います。

世の中には一般常識からは想像を絶する劣悪な労働条件で働く人たちもたくさんいらっしゃいます。業界研究をすればこういったこともかなり把握できるでしょう。

あなたに選択の余地がある状況ならばできれば「転職してはいけない業界」と呼ばれる方面へ進むことは避けたいです。


職探しする前に知っておくべき大切なこと

正社員は賞与や将来の収入の見込みがある程度保証されています。今現在正社員で働いている人はむやみに退職してしまわない方がいい場合があります。今の状況では契約社員や派遣社員の求人ばかりが増えてきています。

俗に言うブラック企業や同族会社に勤めていて神経も肉体もボロボロの場合とかは別ですが、正社員という雇用形態はやっぱり保障の側面から見ると安定してるといえるのです。

一般的なお話ですが会社の規模が大きくなれば福利厚生も給料面での待遇もよくなる場合が多いです。ここで注意したいのは「知名度がある=安心できる会社」ではないということです。

最近の例でいってもある和服を販売する結構有名な会社が超絶ブラック企業だったということもあります。有名な大手量販店も業務内容は結構ハードな割りに待遇があまり良くなかったりします。(あくまで一般的な例です。特定の企業や会社のことを意味しません。)

ある程度の量の求人情報を見ているだけでも転職してはいけない業界っぽいのは何となく把握できるものです。もちろん自分に向いていてそれを承知でチャレンジする選択肢も否定はしません。

もしくはそういう余裕のある状況ではないという方もいらっしゃるかもしれません。転職してはいけない業界と薄々知っていてもとりあえずは当面の生活の為に敢えて働く選択肢も十分前向きです。


契約社員や派遣社員になってみる?

契約社員や派遣社員でも特殊な技術や特殊な資格があれば別ですが、たいていの場合はトータルの年収の減少を余儀なくされるはずです。

どんなにハードな一日を過ごしても払われえる日当は一律である場合が多く、もしくは、その職場になれてきた頃にまた新しいところに移らなければならないことがあるなど結構つらい場合が多いようです。

そして、あまり詳しくは書きませんが、同じ会社の正社員からの扱いや視線、態度が良くない場合がほとんどで皆さん苦労されているようです。これってかなり精神的には負担になります。


転職する前に。自分にあった業界を探そう

同じ営業でも業界が変われば競争の激しさや景気の具合も違います。俗にい言う、激しい業界でしのぎを削ってきた人もその経験をうまく誇張して転職の面接でアピールしましょう。

ちなみに、激しい業界とは転職情報誌やハローワークの求人欄を見ればすぐにわかります。ひとつの具体例を挙げると「毎回同じ募集内容で継続的に募集している会社」などがひとつです。

同じ会社がずーと求人を募集しているのはおかしいと思いませんか?

同じ会社が長期間求人を出している場合に考えられることはいくつかすぐに思いつきます。

・入社してもすぐに人が辞める
・社員は消耗品と考えてる会社
・求める人材のハードルが高すぎる

2ちゃんねるなどで転職しないほうがいい業界とか過激なものがあるのでそういった情報もしっかり見ておくだけでも勉強になると思いますよ。

現在の有効求人倍率でしたっけ?企業や会社が求める求人の数と職を希望する人の数の差が一昔より改善されてきているとニュースで聞いた記憶があります。

最新の情報や状況はあまり調べてませんので知りませんが…。現在、契約社員や派遣社員の数は増えてきているはずです。雇用形態の多様化よ言えば聞こえはいいですが将来的に安定した生活が見込めないのはやはり不安です。

転職してまた退職する。

これを繰り返せば職歴がどんどん増えていきます。出来れば余計な職歴は増やさず求める希望の職に就きたいのはだれしも同じです。

転職してはいけない業界も存在するということを意識して、できれば長く勤められるあなたの希望の会社に入社できるように前向きに努力してください。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク