top画像左
top右

現実をしっかりと見て仕事を選ぶ重要性

転職活動を進める上で自分が進む業界探しは面接の準備と同様に重要です。書類を磨き上げることと面接の準備と転職先の業界探しはすべてがうまくいくと理想の勤め先がみつかる可能性も高まります。

仕事選びで幻想と理想を持ち過ぎると駄目

転職活動をスタートする際には、まず求人情報を集めることです。インターネットや求人情報誌など職探しにはたくさんの情報源があります。

たくさんある求人情報の中から、いかにして自分の希望する本当に適した仕事を見極めることができるのかが転職活動を成功させるためのポイントです。

根本的な部分は通常の新卒の人達が行う就職活動と変わらないです。

つまり、業界を研究して職種を絞り、自分自身の能力や適正や経験、スキルを加味して会社を選んでいくのです。


自分の適正なんてそんなにはっきりわかりっこない

給料は二の次で一番重要視したのは精神的にきつくないかどうかを考えるというのもアリです。もちろん、会社の規模が大きくなればそれだけ待遇も良くなります。

上場企業にでも中途で採用されればそれだけでも十分満足できる要素は多いでしょう。

しかし、ほとんどの転職希望者はそんなことはあり得ません。

本来、適正や自分に適した仕事なんていいますが若い世代の人達にとって「そんなもの」は正確に把握できるものでもないです。

「コレならまだやれるかも」

と思った仕事が自分にあった仕事である場合が多いと思います。

そもそも社会に出て働きだして何年もしていない内に自分の適職なんてはっきりわからないものです。


イメージだけで転職先を選ぶと失敗する

その仕事や業界を詳しく調べて自分の思い描いていた想像と実際の現実の違いを把握することが転職を繰り返さないコツかも知れません。

「こんなはずではなかった。」

本人の意思に関係なく転職先の都合で思い描いていた仕事とはかけ離れたことをしなければならないこともあります。

もちろん、転職先の情報収集が不足して理想と現実にギャップがあって打ちのめされることもあるでしょう。

例えば、現場作業は汗を流して充実した仕事のようなイメージを持っていたとしても、実際働いてみると、朝は早いし、夏は暑いし、冬は寒いし、つらいことの方が多かったりします。

また、危険の場所での仕事や高い所での作業などは命の危険はあるし、人間関係も結構ドロドロしていたりすることも多いです。

色々な経験はしておいてマイナスになることはないですが、転職はできるだけ若いうちに済ましておくほうがベストです。


自分のこだわりを持って求人情報を見つめることが重要

具体的な募集要項の各項目については、仕事内容・会社の雰囲気のほか給与面・通勤場所など、 できるだけ具体的に考えておく必要があります。

多少、変な上司がいても給料さえ高ければ文句はない人もいるかも知れませんし、給料は安くてもまったりできる仕事内容がいいという人もいます。

後は、全体的にキツイ業界、キツイ業種、キツイ職種などの情報もしっかりと収集しておきましょう。

元気があるから飛び込み営業でもやれると思ってはりっきたりするのもいいですが、たった数ヶ月で心が壊れて退職なんて目が当てられないです。

転職は年齢が若いうちに、自分で踏ん切りがついたときにすればいいのです。

年齢が若い転職希望者はチャンスが多いと思います、頑張って自分の人間性を発揮できるところに転職してください。また、年齢がそんなに若くない人も探せばあります。

最終的にはある程度妥協する部分が大きくなる場合も多いですが、今の会社でイヤイヤ働いて病気にでもなるくらいならさっさと他を探してみる事も選択肢に入れておきましょうね。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク