top画像左
top右

キャリアアドバイザーに本音を話せるか?

転職支援サービスを利用する場合に何から何まで本音で相談をする必要があるか?という部分について考えています。転職支援サービスで担当の方に相談する際には上手に本音と建前を使い分ける考え方とヒントを記載しています。

転職先の重要視する項目は人それぞれ

あなたは転職支援会社の担当の人に転職する際に重要視する本音の項目を相談できますか?

転職支援サービスの1つ目「登録型」というサービスは、比較的大手の転職支援会社が行っているサービスです。

就職希望者がその会社が運営している求人サイトのホームページ上からエントリーします。

ちなみに求人の掲載に関しては、転職支援会社が運営している求人サイトのホームページは各社毎週更新される曜日が決まっています。

なのでめんどくさがりの人はその日だけ見るようにしてもいいかもしれません。ある程度の期間をかけてみていると色々な発見があることでしょう。

その後、その転職支援会社のキャリアアドバイザーとの面談を行います。

キャリアアドバイザーとの個別面談では、いままでしてきた仕事内容、これからやりたい仕事、さらに希望する待遇面など様々な相談にのってもらうことができます。

中には転職支援会社が運営している求人サイトのホームページを参考程度に見ているだけの人もいらっしゃるでしょう。

登録もせず閲覧するだけということになりますが、サービス自体を利用しないだろうと決め付けている人はそれでもいいかもしれません。

こういった人達は、自己分析もある程度できて自信があり、いままでしてきた仕事内容、これからやりたい仕事内容も結構把握している方々に多いです。

反面、ちょっと変わった転職希望を持っておりそれらを本当にさらけ出すのが嫌なので転職支援サービスなどを利用しないという人もいるかもしれません。

「営業はイヤ」
「電車通勤はダメ」
「ノルマのきついのもイヤ」
「サービス残業はイヤ」
「できるだけ定時で帰れる事」

こんな転職先に希望する項目を持っていて、これらを転職支援会社のキャリアアドバイザーに相談することはできないですよね。

「はぁ?」

と心で思われるかもしれません。

あるいは、

「そんな仕事があったらこっちが就職したいよ」

なんて思われるかもしれません。

しかし、転職慣れしていない人はキャリアアドバイザーとの個別面談で、いままでしてきた仕事内容、これからやりたい仕事、さらに希望する待遇面など様々な相談にのってもらうこともオススメです。

すでに色々な職種を経験して何回も転職した人達は「コレだけは絶対イヤ」もしくは「コレだけははずせない」 というものを持っている場合が多いです。

それに面接でも揉まれて自分の経歴をうまく武器として脚色できる力をもっているなら別です。

今現在悩んでいる人やいまいち行動に移れない人などは転職支援サービスの「登録型」というサービスで転職支援会社のキャリアアドバイザーとの面談などで自己分析して、希望に合致した複数の企業の面接を受けてチャンスをひろげてみて下さい。


キャリアアドバイザーに本音を話せるか?のまとめ

何から何までさらけ出す必要もないでしょう。

転職支援サービスは色々な形態があります。

自分にあったサービスを選んで必要な部分だけを上手に活用する方法もひとつの考え方です。

ブラック企業などの精神的に疲れている人などは仕事に対して色々なトラウマを抱えてしまっているかもしれません。

しかし、そういった次の転職先への希望項目は心の中にしまってある程度の建前論で相談を受けるという考え方もあります。

あくまで本音は本音です。

楽しくてやりがいがあって待遇がよくて充実した就職先があればそこに転職したいと多くの人が思うのは自然なことです。

まずは行動をおこして第一歩を踏み出すことを考えるだけでも随分と違ってくるはずです。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク