top画像左
top右

円満退職は社会人としての努力目標

転職する際には事務的な処理だけきっちりしておけば円満退職にこだわらなくてもよいとする個人的な考え方などを記載しています。転職時には避けて通れないのが今の会社を「辞めること」ですが、円満退職にこだわらず最低限の処理だけでも(個人的には)よいと思うというお話です。

円満退職がすべてではありません

もう一度記載します。 円満退職がすべてではありません。もちろんそれに越したことはないです。

世の中にはいろんな人が存在して、色々な個性があります。それぞれ長所や短所も違っていますし、得意分野も能力も全く違います。

同時に企業、会社も星の数ほど存在します。

辞めることが現実的に見え隠れする場合に参考にしてください。

まずは質問。アナタはどのタイプの転職活動ですか?

転職活動をしている人は大きく分けて3通りだと思います。

・すでに会社を辞めている人。
・会社を辞めようと思っているがまだ具体的に行動していない人。
・会社を辞めようと思っていて転職活動をしている人。

いずれ会社を辞めることは固く決心している場合は円満的に(形だけでも)退職することを心がけて行動したいです。

いっぱしの社会人として円満退社は当然の行動でしょう。

初めての転職活動ならば、退職が決まってしまってから慌てないように幾つか基本的なことを確認しておきたいです。


退職届の用紙は総務部にお願いすれば受け取れる

好条件の希望の会社が見つかり内定をもらうことができたら、いまの会社の退職する日を決めて直属の上司に退職願いを提出しなければなりません。

ほとんどの会社にはその会社の退職届けの用紙が準備されています。総務部などに確認してみましょう。

会社から指示された書類などの各種手続きも漏れなく完了させて円満退職することを目指すのです。

しかし、それなりに会社にお世話になったと思う場合は少なからず腰が引けてしまうものです。周囲から期待されている場合などはなおさらです。

ここで注意したいのは嫌がらせや人間関係のトラブル、何らかの事情があったとしても事務的な処理だけは確実にこなすことです。

例え会社に対して良くない思いを持っていたとしても、特定の個人に対して憎しみなどを持っていたとしても淡々として処理だけは済ましましょう。

なぜならばあなたもその会社もそこで何もかもが終わるワケではないからです。

その時はどうしようもなくつらい経験や苦い経験でも時間が経てば必ず癒されます。一応、最低限のルールと処理だけは忘れないようにしたいです。


知り合いの素敵な退職エピソード

友人の話ではこんなのがありました。

当時、まだ若かった頃に朝一番の月曜日、いやな上司の顔を見た瞬間に辞めることを宣言したことがあるという話です。

感情的になって行動したらしいですが、積もり積もったものが発作的に出た言葉だったようです。

「今日で辞めます。」

朝一番でいきなり言って辞めたというのです。もちろん退職届は後で出したらしいです。


この行動の賛否や是非はどうでもいいのです。

要は精神的に追い詰められて悲しい結末になるような行動を取ってしまったり、体調や心が壊れてしまう前に見切りをつけることも大切ですよ〜。というお話です。

まだ今の会社に入社して日が浅いのなら気にせずさっさと新しい会社に行ってしまえばいいのです。問題は入社してそれなりの年数が経ち、それなりの仕事をしている場合でしょう。

まあでも、考えてみてください。その場合もいきなりすぐに辞めようと思った訳ではないと思うのです。辞めたいと思った理由の改善を少しは行なったハズです。

例えば、サービス残業が多い場合は残業代がもらえるように努力したりとかさっさと帰れるように努力したりとかです。

でもやっぱりダメだったから辞めようと思った訳ではないでしょうか?

しかし、最低限、自分がしてきた業務の後任者には、最後まで丁寧に引き継ぎをするよう心がけましょう。

最後の我慢です。


円満退職は社会人としての努力目標のまとめ

円満退職ができればそれに越したことはないです。できなくても気にする必要はないでしょう。

事務処理だけは最低限でもしておくことは必須です。

会社を辞めるのは簡単です。

行動に移す事とこれからの事を確保するのが難しいのです。ただ、最優先すべきは自分の健康であり日常生活です。

重要なのでもう一度記載させて頂きます。

第一に考える優先事項は自分の身体と日常生活です。

これを忘れないで行動したいです。

会社を辞めようと思っていて転職活動をしている人はこれからが重要です。

いまの会社を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな転職活動の流れのスケジュールを決めて行動することがベストです。

転職活動にかかった期間はだいたい1ヶ月〜3ヶ月ぐらいという人が多いようです。まずは、このくらいの期間を想定して自分なりの転職活動スケジュールを立てて行動してみましょう。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク