top画像左
top右

営業職以外への転職って可能か?

転職の動機に営業職以外の職種を探しているという方に向けたヒントを記載しています。営業職以外の職種を探して転職活動を行っている人やこれから行動をおこそうと考えている人は参考にしてみてください。

営業職と言ってもピンキリ

世の中の求人の多くは営業職を募集する内容となっています。

実際にモノやサービスを生産しない商社などになると営業社員とそれをサポートする事務職の人員、それと人事、総務などの職種構成の会社になったりします。

営業職が嫌で他の職種へ変わりたいので転職する。

こういった方向性を持って転職活動をしているひともいらっしゃるかもしれません。

そうなると業界選びが非常に重要になってきます。

営業以外の職種を探す場合にはメーカーなどが中心になってきます。

何かを生産する場合にはその「生産を管理する部門」、「出来上った製品を運んだり管理したりする部門」、「製品の品質をチェックする部門」、「製品の原材料などを購入する部門」など色々な職種が存在する事になります。

業界や会社の規模によって仕事のしんどさや拘束時間なども違ってきますので、そういった部分を丹念に研究すれば「営業職以外」の職種への転職も見えてくるかもしれません。

「営業職以外への転職」

相対的な割合を感覚で言うとやはり営業職以外の職種の求人の数は少ないでしょう。

現在営業職で働いているが嫌で嫌でたまらない、という場合でも他の業界や川下、川上の業界などを見てみると事情が違っている事もあります。

飛び込み営業と法人のルート営業では仕事の内容もハードさも別次元です。(※もちろん一般的なお話です。)


営業職以外への転職って可能か?のまとめ

「営業以外の職種」となると事務系と考えがちですが探せばたくさんあります。特に何かを生産している会社などは営業職以外にも多くの部署が存在します。

「メーカー」といっても規模も業界も星の数ほどありますのでそういった部分で自分に適した転職先を探すのもひとつの手です。

原材料を調達する部門
調達した材料を検査する部門
材料を加工する部門
材料を組み立てする部門
生産された製品を管理する部門
生産された製品を検査する部門
技術的な対応を行う部門
開発的な作業を行う部門

こういったイメージを持ちながら細分化してそれぞれの職種で自分に適しているだろうと思えるものを探していく作業が「営業以外の職種」に転職できるひとつの方法です。

数字に追われたくない、ノルマに縛られて精神的に疲弊する仕事は嫌だ。

こういったネガティブな転職の動機でもいいと(個人的には)思います。お金を大切ですが自分の身体はそれ以上に大切です。

もちろん、同じ営業職でも業界が違えば内容も仕事のハードさも全く違います。ひとつの思考にとらわれず色々な可能性について考えてみるといいかもしれませんね。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク