top画像左
top右

いざ面接。でも条件が違う?

転職の面接で前もって調べた条件と実際が違う場合にあなたならどうしますか?転職の面接で条件が募集内容と違っていた場合などに対する考え方やヒントなどを提供しております。

あなたならどうします?募集内容と実際の説明が違う場合

転職活動をしていると色んなことがあります。順調に転職活動が進んで安泰な企業に就職できれば良いのですがとんでもない嫌な経験もすることだってあります。

特に無職の状態での転職活動を行っている人にとってはひとつひとつの面接が大きな節目になる場合だってあります。そんな時に凹む事を経験すればダメージが大きく精神面で後々の活動に影響が出てしまうから厄介です。

こればっかりは自分で確かめて自分で調べて判断するしかないケースも多いので慎重に考えたいです。ただ、基本的な考え方としては次のことを念頭に考えれば大きな判断ミスをすることは避けられる可能性が高くなります。(それでもゼロにはなりませんが。)

まっとうな会社は隠しごとが少ない
社員を大切にする会社は嘘はつかない
表と裏が違いすぎる会社は要注意

要するに募集内容は見栄えはいいけれど実際には違うという場合が要注意ということです。世間一般ではブラック企業というジャンルの事と言えるかもしれません。


転職活動でありがちな嫌な思いをする場面
転職で後悔しない為に、やりたくないことは「できない。」と言える強さを持ちましょう。それで採用されなくても、やりたくないことをするよりはマシだと思うのです。(あくまで個人的意見)

一番よくある「嫌な思いをする場面は」募集内容と実際が違っていたというときです。募集内容と面接官の説明がまったく違っているということも実際あります。

平均残業時間を少なく記載したり、休日の取得に関してや給料などの記載に違いがある場合が多いようです。これには、「できるだけ多くの応募者を募りたい。」という会社側の思惑も伺えるのですが、実際に面接場所まで足を運ぶ応募者にとってはたまったものではありません。

管理人の経験でもこういったことはよくありました。一番、腹が立ったのは「転勤はありません。」と明記されていたにもかかわらず面接では「転勤ぐらいできなければわが社ではやっていけない。」などとのたまわれた事です。

あくまで個人的な事情ですが、転勤はしたくないので転勤なしの会社を探して面接していたので、この会社の面接には本当に腹が立ちました。残業時間や給料の不可解な部分はどの会社もある程度あると自覚していたのですが、この食い違いには我慢できませんでした。

何を基準に転職先を決めるかは人それぞれです。

給料よりも精神面や肉体面での負担が軽い仕事を探している人がいてもいいでしょう。拘束時間やプライベートな時間の確保を重要視して探すのも自由です。

何よりもお金(給料の額)だけは譲れないというのも真っ当な理由のひとつです。

ただ、応募者は募集内容で自分の中の条件と合致する部分を重要視して応募、面接とアクションを起こします。そこだけは譲れないという部分が確実に満たされているかだけでも十分確認したいです。


募集内容と実際が違っていた場合の決め台詞
知り合いの話ですが、そういった募集内容と実際が違っていることを言うような会社には、 キパッリと言ってやるセリフがあるというのです。

それは、面接が終わって面接官が「では、今回の結果は後日ご連絡します。」といった後に言う決め台詞です

「いえ結構です。申し訳ないですが、この場で辞退させていただきます。書類をお返しください。 本日はありがとうございました。」

これを言う場面があれば本当に言えるかどうかは別として、100%選ばれる立場という考えは少なくとも払拭したいですね。


双方真剣な気持ち態度が大切

面接する側も、たくさんの応募書類を選考するのも、たくさんの応募者を面接するのも大変でしょう。

しかし、応募者だって貴重な時間と交通費を払ってさらには履歴書、写真、封筒、書類を用意して面接に臨むのです。できれば、双方ともに気持ちよく、ひとつの出会いの場としての面接であれば良いと思うのですが(個人的には)。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク