top画像左
top右

通勤距離や通勤時間で会社選びはマル?

転職活動時の会社選びで通勤時間を重要視する場合のヒントや考え方です。転職活動時の会社選びで通勤時間に焦点あてた考え方などを紹介しています。

家から近いから御社を選びました。と言ってみたい人へ

転職活動の本音と建前

会社選びで「何を重要視するか?」という項目は人それぞれです。その項目内容がどうであれ自分以外の第三者が是であるか非であるかの判定を下すことはナンセンスです。

例えばアニメ制作関連などの仕事は安月給でハードな仕事ですが夢と情熱を持った若い世代の人達が多いとも聞きます。(実際に調べたわけではありません。)

あるいは転職活動なら「自宅から近いほうがいい」という人や「出来るだけ通勤時間を費やしたくない」という項目で会社選びをする人も存在します。

要するに「家から近い会社から転職先を選ぶ」ということです。

「そんな条件を重要視する人間は存在しないよ!」

色々と意見はあるかもしれません。しかし、実は本音を聞くとこういった条件を重要視する人も存在するのです。(自分がその一人です。)

通勤時間。

自宅から勤務地までに要する時間です。

当たり前ですが出勤する時間と帰宅する時間の往復の時間を毎日費やすことになります。この時間をもったいないと考える人がいても不思議ではないとはおもいませんか?

片道1時間なら往復で2時間です。

年間250日出勤すると「250×2=500時間」を会社と自宅の往復に費やすことになります。

毎朝のんびりして出勤できる。
仕事が終わったらすぐに家でくつろげる。

これらを重要視して転職先を選んでも間違いとは言い切れないと(個人的には)思います。もちろん、自分の経験やスキルが活かせる業界、職種であって金銭的な条件面などでも納得できるレベルなどという最低限の条件やフィルターがあってもいいと思います。

ただし、志望動機が「それ」がメインであっては駄目です。

「家から近いから御社を選びました」

これはNGです。

でも、自分の確固たる志望動機が存在して、なおかつ自己アピールがきちんと出来た上で「通勤には有利な場所に住んでいます。」とさりげなくアピールするのはOKだと(個人的には)思います。


「転職してキャリアアップ!」は一部の人だけ

近年日本では終身雇用という考え方がだんだんと薄れ、転職を繰り返しながらキャリアアップを目指そうと決断する人が増加しています。会社に就職してから、特に最初の2〜3年で転職を考えることが多いようです。実際に若い世代における転職活動は活性化しています。

実際に転職しようと思った時に何をどのようにすればスムーズな転職活動かできるのでしょうか? まず必要なのは、「何故自分は転職したいのか?」を自分なりに整理することが大切です。

単に今の会社がつまらないからとか、自分の力をもっと活かせる職場が他にあるのではないか、というようなあやふやな気持ちでは、転職によるキャリアアップははかれないでしょう。

目的のある転職を目指そう

こういうことがしたいけど今の職場では実現できない。だから転職してその目的のやりたいことができる環境を求める。というパターンの転職動機が最も優等生の考え方であり行動です。
現実問題、キャリアアップとかやりたいことがあるから転職するという志のはっきりした人は少ないと思います。

・給料が安い。
・休みが少ない。
・転勤がイヤだ。
・家から遠い。

などの退職理由が多いのではないでしょうか?これは転職理由としてはいまいち面接でパンチの効かない動機ですよね。しかしホントの本音はこんなもんではないでしょうか。

こういったホントの本音って実は身近にあるんですよね。究極は家から近いから御社を選びました。とか最強じゃないでしょうか?

これなんて面接で言えないですもんね。

ただ、前述した通りこれを主に志望動機を述べるのは問題ですけど。

参考までに、自分は年間休日72日の職場で連休なし、正月休みは元旦のみ、年末休みなし(もちろんお盆休みなんてなし、ついでにボーナスなし。)という環境で数年間働いた経験があります。ちなみに一日の労働時間は拘束時間が一日13時間でした。

最低限、面接では

面接官:「前の仕事は何をされていましたか?」
あなた:「営業です。」

などとイメージのわかない返答は避けたいものです。面接官の目が点になるでしょう。新卒じゃないですから。最低限うまく経歴ぐらいは脚色して話をできるようになりたいものです。

当サイトでは転職活動時に役立つ志望動機の考え方や面接時の対処方法など、丁寧かつ体験談を交えて紹介しております。当たり前の話ですが無料ですべてのコンテンツはご覧になれます。

自分も面接では何回も苦渋の出来事がありました。キャリアアップや年収アップなどはほんの一部の人の出来事です。気にせず頑張りましょう。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク