top画像左
top右

退職理由で本当のことが言えない人へ

転職の面接で必ず聞かれる退職理由には不満を述べないほうがよい理由があります。転職の面接時に過度な不満を退職理由に込めてしまうリスクと駄目な理由を確認してみましょう。

退職理由で不満を述べるのは避けるべき

退職理由は人の数だけあります。人間関係の問題で退職した人や、仕事がつまらなくて会社を辞めた人もいます。

またある人は実際自分が思い描いていた理想と仕事内容のギャップに落胆して退職した人もいるかもしれません。当然、給料が安くて不満が爆発して会社を辞めてしまった人もいると思います。

次の面接で退職理由を胸を張っていえますか?

退職理由はどんな場合でも前向きな言葉と前向きな解釈で表現しなくてはなりません。人間関係で会社を辞めた人も安月給に満足できなくて退職した人も前向きな退職理由にしなければなりません。

新卒の面接と転職の面接の決定的な違いは退職理由を言う必要があるかないかです。

新卒の就職活動は面接する相手も新卒の社員にはそれほど高いスキルを求めていない場合が多いのです。会社として新卒社員を入社させる大きな意味は時間をかけてゆっくり人材を育てていくことを目的としています。

ところが中途入社の社員は即戦力としての力量を求められることが多いのが現実です。

退職理由は必ず聞かれます

転職の面接では当たり前ですが退職理由は必ず聞かれます。どんな会社でも絶対に退職理由は聞かれます。面接で準備することは自分を売り込むための自己紹介と、自分を売り込むための志望動機です。そして転職面接では退職理由も準備しなければならない項目のひとつです。


退職理由は不満ではなく希望を語る

間違っても面接で前の会社の不満や人間関係の不満など口にしないようにしましょう。なぜならば面接は「その会社に入るために自分が選考される場所」だからです。

ですので過ぎ去った過去の不満を述べて自己満足するよりも、今から入社したい会社に対してプラスになる方向でアピールする方が正しい考え方だからです。

また、過度な不満を述べた場合には違ったリスクも出てきます。 もしかしたら「あなたが我慢できない上司」と思っていたとしても、世間一般から見ると当たり前レベルの上司だったりします。そうなると、あなた自身にとってマイナス評価につながります。

要するに「この応募者は甘い考えを持っている」と判断されてしまう可能性もあります。もしくは「世間の常識をあまり身につけていない人間」という大きなマイナスポイントにもなりかねません。

また、仕事環境や条件面でも不満をストレートにぶちまけるのは避けたほうが無難です。

それよりもその不満を前向きな表現に変える思考回路を持ちたいです。退職理由はどんな場合でも前向きな理由で述べる考え方が必要なのです。

極端な例で説明すると、安月給で馬車馬のように働かされていたとしても「給料が安くて馬鹿らしかったから退職しました。」という表現ではなく「私は一人でこれだけの仕事をカバーしこういうことをやってきました、だからこの経験をもっと専門的に活かしたくて退職を決意しました。」という表現で前向きさをアピールすることです。

大切なのは、面接官の不安をなくすように話を持っていくことです。

面接官も不安なのです

面接官がその会社の経営者の場合もありますがほとんどの会社は総務か人事の人が面接を行なうでしょう。へんてこな社員を入社させてすぐに辞められたら彼らも怒られるのです。だから見た目と、礼儀と、言葉遣いと表現などから前向きさをかもし出す必要があるのです。面接官も安心して採用通知を出せる人材を求めているのです。

若気の至りで会社を辞めてしまった人も、ボーナス一週間前にキレてつかみ合いの喧嘩してやめた人も(自分です、本当の話です)、面接ではそれなりの退職理由を見つけて語れるように準備して激動の日本で安泰の職を探しましょう。


転職活動で心が折れそうになった時に


マイナビエージェント

マイナビエージェント
転職市場レポートなどの情報がたくさんありホームページは魅力的です。キャリアアドバイザーと共に転職活動の成功に向けて行動してもいいですし、取りあえずは転職ノウハウの吸収に専念してから活動を始めてもいいでしょう。
マイナビエージェント

マイナビエージェントの強み

1、大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、幅広い求人を保有!

2、20〜30代に転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプがある!

3、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート!


スポンサードリンク